茨木市中条の優しい自然光の入る美容院

【お客様動画あり】理想的なヘアカラーの染め直しの期間は?得られる3つの効果

 
この記事を書いている人 - WRITER -
上原 宏幸(うえはら ひろゆき) Salon:AIRYVEIL「エアリベール」 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。学内コンテストで受賞。20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。前サロンでは店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。その経験を活かしお客様の本来の髪質を活かす「パーソナルデザイン」を提供している。

皆さんは理想的なヘアカラーの染め直し期間が「いつ染めればいいのか」知っていますか?なんとなく、気になった日に・・・なんて方も多いと思います。このブログで具体的な【期間・メリット・対処法】をお伝えします。今日から365日いつも綺麗なツヤ髪を手に入れて下さい。

また、期間内に”染め直せない人”もケアの方法をお伝えしています。ご参考にしてみてください。


【読者のお悩み】

  • 「根元のプリンが気になってきた。」
  • 「みんなはどのタイミングで染め直してるんだろう?」
  • 「ヘアカラーを染め直すと毛先が痛む気がする、、、」



こんなお悩みに応えていきます。


__この記事を書いている僕__

大阪府茨木市のAIRYVEILマンツーマンで一人のお客様のために時間を確保してパーソナルなヘアデザインをご提案させて頂いております。

今回は「理想的なヘアカラーの染め直し期間」についてお伝えしていきます。

髪を痛ませず綺麗なヘアカラーを楽しんで頂きたいので是非、本記事を参考にしてみてください(^ ^)



お客様事例動画▶︎




理想的なヘアカラーの染め直し期間は?

私たちがご提案する『理想的な染め直し期間』は

『2ヶ月』です。






【理由】

  • 2ヶ月経つと毛先の色味が抜け切る
  • パサつき・広がりを感じ出す


2ヶ月経つと髪がパサつき、痛みやすい状態になるからです。



「色味を入れ直す・根元のプリンを染める」ことで、毛先のパサつき・痛みが気になりにくくなります。




●メリット


  • ツヤがキープ出来る
  • 色味が綺麗に発色する
  • ダメージや枝毛などが出来にくい
  • まとまりやすくパサつきにくい
  • いつも綺麗な人と思われる
  • 良い人オーラが出る
  • 若く見られる


などなどたくさんの「髪に良いこと」「周りへの影響に良いこと」があります。


毛先がパサつきにくくなるし・ツヤを保つこともできます。


周りの人からも、いつも綺麗だなぁと見られて、「ちゃんとしてる人」「良い人そう」「話しかけやすそう」など
相手に対して良い印象を与えることもできます。


季節のカラーチェンジも、すごく綺麗に仕上がります。


なので、基本的にヘアカラーの

「染め直し期間は2ヶ月」が理想的です。






理想的な期間でヘアカラーを染め直す3つの効果

毛先がパサつきにくくなる

先ほどメリットで書きましたが、

「・・え?!カラーをすると、髪って痛みそうだけど、、、」

と思われた方、いらっしゃると思うのですが、、


実はヘアカラーは、


最適な期間で正しく染め直すことで


痛みにくい髪に仕上げることが出来るんです。



【理由】

  • 最近のカラー剤にはトリートメント成分が入っているから
  • 退色した髪に栄養の代わりになる色素を入れることができるから



髪の中に栄養と色素を入れると髪の中がスカスカにならないのでキューティクルが整い痛みにくくなるんです。




before

抜けきった毛先はパサついて、スカスカに・・・



after

色味と栄養がしっかり入って、ツヤがあり引き締まった感じに!







季節に合ったヘアカラーが楽しめる

2ヶ月くらい経つと季節が変わりはじめ、髪の中の色味は毛先から抜けていきます。


色味が抜けた毛先に色を足していくので、良い意味で「カラーチェンジ」が出来るんです!


「なんか気分変えたいなぁ」
「夏だし明るくしようかなぁ」
「冬はツヤっとしっとり見せたい!」

気分で髪色って変えたくなりますよね♪


ちょうどいい2ヶ月で色を染め直すことで、



ツヤが出て発色もよくなるし色味の長持ちに繋がります。







綺麗に染まると肌印象も上がります!!


プリンを染め直している方が、ぱっと見の第一印象が変わります。



ツヤがあって顔も優しく映るので、明るく見せてくれます。



黒髪が肌をくすませているのではなく、「伸びた根元」と「色落ちした毛先」の色のバランスが印象を下げてしまうんだと思います。



黒髪で綺麗な人もいらっしゃるので、プリンがあまりよろしくないんでしょうね(^_^;)



統一感のある色が肌印象をグッと上げてくれます!!






染め直し期間がわかると”予定”が立てやすい

また2ヶ月の期間で予定を組むとプライベートの予定が分かりやすく

美容室に行く月」を確保できます。



例えば、「シフトで次の休みがわからないんです。」という方もあらかじめに「美容院の行く月」を決めてしまう事で、いつ行こうかなーという迷いがなくなります。



「奇数月」「偶数月」自分の中でタイミングで

プライベートの予定に「きれい日」を決める



そうすると、

「あれ?いつ行ったっけなぁ?」という事がなくなり、ついつい後回しにしてしまいがちな方も髪を綺麗に保てます。





染め直し期間が空く事のデメリット

染め直し期間が空いてしまうと毛先の色が抜け過ぎてスカスカになってしまいます。

スカスカになると、中に栄養も色素もない痛みやすい状態になります。


【ダメージの原因】

  • ヘアアイロンの熱
  • ドライヤーの風
  • 衣服・寝具の摩擦
  • 紫外線


これらの要因からなるべく髪を守りように「熱に気を付ける」「洗い流さないトリートメントを使用する」などの具体的な対処をお伝えします。




●対処法 2ヶ月で行けないよ、、、という方へ!

理想ばかり書いてきましたが、



分かっちゃいるけど、2ヶ月で行けないよ、、、という方ももちろんいらっしゃいますよね。



むしろ3〜4ヶ月開いちゃう人も多いのでは?(⌒-⌒; )




※そんな方への対処法をお伝えします!!



●2ヶ月超えてしまった時の対処法●

  • まずは、予定を確保
  • 洗い流さないトリートメントを使ってとにかく保湿
  • アイロン・コテを使用する場合は「洗い流さないトリートメント」熱補修タイプ
  • 紫外線は避ける
  • ギュッとゴムで束ねない



髪色の抜けた毛先は”乾燥しやすい”状態で固くなっています。



なるべく保湿!

保湿!!

してください




アイロンを使う方は、熱のケアをすることで、髪がパサつきにくくなるし、変なクセもつきにくくなります。






いかがだったでしょうか?




実際、担当させて頂いてるお客様の中にも

「ヘアカラーの染め直し期間てどれくらいがいいの?」

と聞いてくださる事があります。



ありがとうございます!綺麗を保つための疑問はなんでも聞いてくださいm(__)m

今回の記事を参考に担当美容師さんとのヘアカラー期間を相談してみると、さらに綺麗が長続きしますよ



一緒に綺麗なヘアカラーを育てていきましょう^_^


 

ヘアカラーのその他の記事も良かったら覗いてみてください✴︎

 https://www.airyveil.net/haircolofrequency-highlighter/








Salon

AIRYVEIL
大人女性のためのマンツーマンプライベートサロン

大阪・茨木市



 


▼24時間いつでも予約・お問い合わせ▼

この記事を書いている人 - WRITER -
上原 宏幸(うえはら ひろゆき) Salon:AIRYVEIL「エアリベール」 1988年生まれ。関西美容専門学校卒業。学生時代に数々コンテストに参加しヨーロッパ公費留学生に選抜。学内コンテストで受賞。20歳から神戸三宮のサロンから美容師人生がスタート。ステージヘアーショー、ヘアモデル撮影、ヘアメイクコンテスト受賞、カットコンテスト受賞。前サロンでは店長を務め、年間約1300人のお客様の髪・頭皮を担当していた。その経験を活かしお客様の本来の髪質を活かす「パーソナルデザイン」を提供している。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© AIRYVEIL エアリベール , 2021 All Rights Reserved.